【ドラッグスター400クラシック】ウィンカーLED化

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ
ポチッとお願いします
気に入った記事があればコメント、シェアお願い致しますm(_ _"m)ペコリ
将

車用フォグランプを使ってDSC400のフロントウィンカーをLEDに!


フォグランプを装着したのですが、やっぱり純正フォグランプは純正感が強い(´・ω・`)
丸い純正ウィンカーが其の原因な気がする。。。
よし!交換!!


どうせなら、(`・ω・´)キリッっと光るLEDウィンカーにしよう!
と思い、いろんなウィンカーを見たのですが、通常のLEDウィンカーはコンパクトな物が多い
自作サイト等も調べたのですが、防水や耐震性加工がめんどくさい><
そこで思い付いたのが、
車用のフォグランプ!

シリコンで防水性だけ気持ち対応しました(笑)


LED化に伴って、ICリレーもLED対応化が必要です
LED化しないと抵抗が違うので
ハイフラ現象(ウィンカー球が切れたりした時、生き残ったウィンカーが高速で光るやつ)が起きるので

[スポンサーリンク]


リレー交換の為に、右側のサイドカバーを外します
一本あるボルトを外すだけです
錆さびっのバックレストステーは見ないで(/。\)ミザル



カバーの裏の出っ張りがこの穴に刺さっているので
ボルトを抜いた後、矢印の方向に引っ張れば外れます


純正のリレーはこの箱の中に入っています
こいつを引っ張り出して、ハーネスをカット!( ◜◡̅)っ✂


購入したLED用ICリレーが純正より大きく
元の箱には入らなかったので、奥に結束バンドで固定しました

[スポンサーリンク]


電源線と信号線をカットした純正のハーネスと繋ぎ
アース線は車体のアース線に繋ぎました
アースはどこかボディのボルト等に接続しても問題無いはずです
これで、リレーのLED対応化完了!


後は、ウィンカーの交換!
枠内のボルトを抜いて、純正のウィンカーを引っ張り出し
ハーネスをカット!( ◜◡̅)っ✂


配管用の固定金具をフロントフォークに装着し、それにフォグランプを固定しました


左右のウィンカーを交換して完成!!



では、無く
・゜゜・(/□\*)・゜゜・わ~ん
インジケータの加工(右下のAmazon広告のやつ)が必要でした
作業はハーネスに割り込みだけなので簡単ですが
これをしないとメーター下のインジケータがちゃんと点灯しません

サイズも大きく、見た目もスタイリッシュで、想像以上に
ナイスヾ(〃^∇^)ノわぁい♪

最後に点灯時の動画で

↓↓最低限の工具はいいものを購入がいいと思います!
初心者程安いのを使うとネジがなめたりして悲惨な末路に(経験談 涙)

将

[スポンサーリンク]

気に入った記事があればコメント、シェアお願い致しますm(_ _"m)ペコリ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL