運命の人<三>

目次



著者:山崎豊子

出版:文藝春秋

[スポンサーリンク]

三巻では、裁判を通しながら、
事件に直接または裁判を通して関わった人々の姿が描かれています。

ストーリーは、一審判決から、再審、最高裁へと進んで行きます。

人生を諦め始めた主人公の向かう先が気になります。
四巻も楽しみです。

山崎豊子さんの作品↓↓

[スポンサーリンク]

コメント

タイトルとURLをコピーしました