ジェノサイド

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ
ポチッとお願いします
気に入った記事があればコメント、シェアお願い致しますm(_ _"m)ペコリ



著者:高野和明

出版:角川書店

【総合】★★★★☆
【ストーリー】★★★★☆
【感動】★★★☆☆
【エクサイティング】★★★★☆
【リアリティ】★☆☆☆☆
【啓発要素】★★☆☆☆

[スポンサーリンク]

高野和明さんの作品
江戸川乱歩賞、山田風太郎賞等を受賞された方です
今回初めて作品を読みました

イラク戦後の難病の子供をもつ元兵士、人類学者、日本の学生、韓国留学生が
アメリカ合衆国と戦う様が描かれています

人類が人類を超える神人類に遭遇した時
国は、人は、何を考えどう動くかのか・・・

[スポンサーリンク]

序盤は謎だけが膨らむ構成ですが
戦いが始まると一気にスピードを上げて謎が解け
ストーリーが展開されていきます

恐らく本作品の作者は
日本の歴史観を含め国家に対し悲観的に捉え
その中で人個人の葛藤を意識しているのではないでしょうか

題材は現実的ながら非現実的な設定があり
リアリティの有無が散らばっていますが
スピード感があり楽しく読めました

高野和明さんの作品↓↓

[スポンサーリンク]

気に入った記事があればコメント、シェアお願い致しますm(_ _"m)ペコリ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL