アイ・アム・レジェンド

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ
ポチッとお願いします
気に入った記事があればコメント、シェアお願い致しますm(_ _"m)ペコリ
将

癌の特効薬が致死率90%のウィルスしてしまった世界
科学者ロバート・ネビルは愛犬と共に薬の開発を行っていたが



監督:フランシス・ローレンス

主演:ウィル・スミス, アリーシー・ブラガ, ダッシュ・ミホク

製作国:アメリカ合衆国

公開日:2007/12/14

【総合】★★☆☆☆
【ストーリー】★★★☆☆
【感動】★★★☆☆
【エクサイティング】★☆☆☆☆
【リアリティ】★☆☆☆☆
【啓発要素】★★☆☆☆

[スポンサーリンク]

ウィルスの性質を利用した癌の特効薬が出来た未来
しかしそのウィルスは致死率90%のウィルスに進化し
死を免れた人類のさらにほとんどが
人間を襲って捕食するダーク・シーカーになった正解

主人公のロバート・ネビルは陸軍中佐で科学者で
愛犬と共に暮らしながら地下の研究室で特効薬の開発を続けていた

[スポンサーリンク]

感想ですが、おそらく原作のほうが面白い系のようです
原作は「地球最後の男」という小説だそうです

ロバートの家族のこと、愛犬を失って自暴自棄になった時に出会う
発症していない親子とのつながりなど
映画の時間では描けない姿が小説にはありそうです

ぜひ一度小説も読んで見たいです


ウィル・スミス出演の「インデペンデンス・デイ」の鑑賞記録はコチラ↓↓
迫りくる地球への脅威に対し男達がそれぞれの想いを胸に立ち向かう名作映画


↓↓監督/出演者の別作品はコチラ

将

[スポンサーリンク]

気に入った記事があればコメント、シェアお願い致しますm(_ _"m)ペコリ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL