実務で役立つWBS入門

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ
ポチッとお願いします
気に入った記事があればコメント、シェアお願い致しますm(_ _"m)ペコリ


著者:Gregory T.Haugan

訳者:伊藤 衡

出版:株式会社 翔泳社

[スポンサーリンク]

【総合】★★☆☆☆
【啓発要素】★☆☆☆☆
【実用度】★★★☆☆
【理解性】★★☆☆☆

[スポンサーリンク]

仕事でよくWBSという資料を見たり書いたりしますが
タスクリストだったりスケジュール表だったり
作成者次第でいろいろなものになっています

マネージメントに興味があるので
WBSというものをちょっと正しく理解したいと思い
読んでみました

「WBSとは何か」
「WBSのルール」
「WBSの利用」
と段階的に解説していて理解は深まりました

原文なのか訳の問題なのか
一部文章に違和感を感じる箇所はあるものの
WBSの目的、利用方法を学べました

自分のタスクの規模では
ワークパッケージの横にスケジュールを記載して
ドキュメント作成の管理工数を下げるのも当然ですが
本来の目的/意味を理解でき良かったです

WBS関連の書籍↓↓

[スポンサーリンク]

気に入った記事があればコメント、シェアお願い致しますm(_ _"m)ペコリ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL