十二国記 月の影 影の海(上)

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ
ポチッとお願いします
気に入った記事があればコメント、シェアお願い致しますm(_ _"m)ペコリ


著者:小野不由美

出版:株式会社講談社

【総合】★★★★☆
【ストーリー】★★★★☆
【感動】★★★☆☆
【エクサイティング】★★★☆☆
【リアリティ】★☆☆☆☆
【啓発要素】★★★☆☆

[スポンサーリンク]

小野不由美さんのファンタジー小説シリーズ
十二国記を通し読みしたいと思い購入しました
10年程前にNHK作製のアニメのDVDを見たことが有り
いつか読んでみたいと思っていた作品です

購入したのは講談社出版のwhite heart版で
山田章博さんのイラストが掲載されています

[スポンサーリンク]

月の影 影の海(上)巻では主人公でである女子高校生である
中嶋陽子が異世界へ連れていかれるところから始まります

神仙や妖魔が存在する異世界で一人で戸惑い
人に裏切られ続けて信じることが出来なっていく・・・
さらに蒼猿が見せる幻により行方不明後の日本で
両親が争い、友人が本当の友人で無かったこと様子を見せられ
全てを失っていく様子が描かれています

後書きにある通り著者が参考にしていることもあり
中国の古典的な雰囲気を感じる世界観で
非現実的な登場人物(人間以外も)や現象が続きますが
全然違和感なく入り込めるファンタジー作品です


その他の十二国記に関する記事はこちら↓↓宜しければ覗いてください^^


小野不由美さんの作品「残穢」の読書記録はコチラ↓↓宜しければこちらも覗いてください^^

十二国記シリーズ↓↓

[スポンサーリンク]

気に入った記事があればコメント、シェアお願い致しますm(_ _"m)ペコリ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL