十二国記 風の海 迷宮の岸(上)

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ
ポチッとお願いします
気に入った記事があればコメント、シェアお願い致しますm(_ _"m)ペコリ
麒麟によって選ばれた王が国を治める異世界の話



著者:小野不由美

出版:株式会社講談社

【総合】★★★★☆
【ストーリー】★★★★☆
【感動】★★★★☆
【エキサイティング】★★★☆☆
【リアリティ】★☆☆☆☆
【啓発要素】★★★★☆

[スポンサーリンク]

麒麟によって選ばれた王が国を治める異世界の話

戴国の麒麟である泰麒は
蝕によって蓬莱(現実世界の日本)に流され
麒麟とは知らず10年間人間世界で生きた後戻って来た

[スポンサーリンク]

麒麟としての使命が理解できず
また自分の存在、力を信じれない泰麒

「月の影 影の海」に登場した慶国の麒麟である景麒は
不愛想で思いやりに欠け
泰麒をさらに不安にさせる

麒麟同士という特殊な立場で描かれているものの
二人(匹?)の不完全な存在が影響し合うことで
お互いが成長していく姿が描かれており
二人を応援し続けながら読んでしまいました^^


その他の十二国記に関する記事はこちら↓↓宜しければ覗いてください^^

十二国記シリーズの作品↓↓

[スポンサーリンク]

気に入った記事があればコメント、シェアお願い致しますm(_ _"m)ペコリ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL