十二国記 風の海 迷宮の岸(下)

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ
ポチッとお願いします
気に入った記事があればコメント、シェアお願い致しますm(_ _"m)ペコリ
景麒と泰麒がお互いに近付き成長していく姿に感動します



著者:小野不由美

出版:株式会社講談社

【総合】★★★★☆
【ストーリー】★★★★☆
【感動】★★★★☆
【エクサイティング】★★★☆☆
【リアリティ】★☆☆☆☆
【啓発要素】★★★★☆

[スポンサーリンク]

景麒との触れ合いの中で少し自分の存在に自信が持てた泰麒だが
王を選ぶ際に感じるという天啓とは何か
そして麒麟の姿になる転変の仕方も分からないまま
麒麟に選ばれ王になろうとする昇山者達と会う日がやってくる

昇山者の中で居心地が良い女将軍の李斎や
恐怖に似た感覚を受ける驍宗など
己をしっかり持った人格者と会い向かい合っていく

[スポンサーリンク]

様々な人に会い、いろいろな考えを聞き
悩み迷い続ける泰麒
人生とは明確な答えがあるものではないことを象徴しているようで
考えさせられる作品でした

王を選んだことに後悔する泰麒にするワンシーンは
悪戯感が満載な描写で気にいっているシーンです


その他の十二国記に関する記事はこちら↓↓宜しければ覗いてください^^


小野不由美さんの作品「残穢」の読書記録はコチラ↓↓宜しければこちらも覗いてください^^

十二国記シリーズの作品↓↓

[スポンサーリンク]

気に入った記事があればコメント、シェアお願い致しますm(_ _"m)ペコリ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL