十二国記 風の万里 黎明の空(上)

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ
ポチッとお願いします
気に入った記事があればコメント、シェアお願い致しますm(_ _"m)ペコリ
蓬莱(日本)から連れてこられた陽子が慶国の王である景王としての生活に悩む
そんな折ネズミの見た目である半獣の楽俊に出会う



訳者:小野不由美

出版:株式会社講談社

【総合】★★★☆☆
【ストーリー】★★★☆☆
【感動】★★☆☆☆
【エクサイティング】★★☆☆☆
【リアリティ】★☆☆☆☆
【啓発要素】★★★☆☆

[スポンサーリンク]

「月の影 影の海」で蓬莱から連れてこられた陽子は
慶国の王である景王として過ごしていたが
官吏の進言をどれを信じ実行すればよいか判断出来ず
他人の顔色を伺いながら選択して過ごしていた

鈴は蓬莱から才国へ流され
100年以上才国の飛仙である梨耀の下で
酷い扱いを受けながら暮らしていた

祥瓊は芳国の峯王の娘で公主だったが
峯王の悪政に立ち向い王を倒した月渓によって
仙籍を外され里家として一般人として暮らすことを強いられていた

陽子はこの世界、慶国を理解する為に
瑛州の里家で遠甫に学びながら
自らの足で実情を見ることを決意する

[スポンサーリンク]

鈴は同じ芳国産まれの景王と分かり合えるはずという希望を持ち
梨耀の基を逃げ出す決意をする
そして旅の途中で妖魔に襲われ一人となった少年清秀と出会い
共に旅をする

祥瓊は里家で素性がバレてしまい峯王を恨む人々に殺されそうなところを
月渓の部下に救われ供王に預けられたが
そこで扱いに不満を抱き続け
自分が失ったものを逆に手に入れた景王を恨み倒す決意をする
その道中で楽俊に出会う

陽子、鈴、祥瓊がそれぞれが自分の現在を悲観し
それぞれの行動を起こし
出会いを迎える

様々な理由で決意した旅の先で
出会いを通して少しずつ考えが変わっていく
下巻でどう成長してどう進むのかとても先が気になる作品でした


その他の十二国記に関する記事はこちら↓↓宜しければ覗いてください^^


小野不由美さんの作品「残穢」の読書記録はコチラ↓↓宜しければこちらも覗いてください^^

十二国記シリーズの作品↓↓

[スポンサーリンク]

気に入った記事があればコメント、シェアお願い致しますm(_ _"m)ペコリ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL