十二国記 風の万里 黎明の空(下)

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ
ポチッとお願いします
気に入った記事があればコメント、シェアお願い致しますm(_ _"m)ペコリ
鈴、祥瓊、陽子がそれぞれの自分の目で見て考えて決めた未来とは



訳者:小野不由美

出版:株式会社講談社

【総合】★★★★☆
【ストーリー】★★★★☆
【感動】★★★☆☆
【エクサイティング】★★☆☆☆
【リアリティ】★☆☆☆☆
【啓発要素】★★★★☆

[スポンサーリンク]

上巻にて旅をし、出会いから成長した
鈴、祥瓊、陽子はそれぞれの思いから起こした行動の先で
偶然に悪政を敷く昇紘の打倒に辿り着く

虎嘯や桓魋等の悪政に屈せず
正義の為に闘う仲間と合流し
幸せな生活、国を目指す闘いに向かう

[スポンサーリンク]

鈴、祥瓊、陽子がそれぞれ成長し
仲間を得て大きな敵に立ち向かうストーリに
素直に感動出来る作品でした


その他の十二国記に関する記事はこちら↓↓宜しければ覗いてください^^


小野不由美さんの作品「残穢」の読書記録はコチラ↓↓宜しければこちらも覗いてください^^

十二国記シリーズの作品↓↓

[スポンサーリンク]

気に入った記事があればコメント、シェアお願い致しますm(_ _"m)ペコリ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL