十二国記 黄昏の岸 暁の天(上)

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ
ポチッとお願いします
気に入った記事があればコメント、シェアお願い致しますm(_ _"m)ペコリ
戴国は様々な思惑から荒れに荒れている
何が本当で何が嘘なのか真実を見極めることは出来るのか



訳者:小野不由美

出版:株式会社講談社

【総合】★★★☆☆
【ストーリー】★★★☆☆
【感動】★★☆☆☆
【エキサイティング】★★★☆☆
【リアリティ】★☆☆☆☆
【啓発要素】★★★☆☆

[スポンサーリンク]

陽子が慶国王として一年経ち
国が少し安定見せてきた頃
戴国の女将軍である李斎が王宮の前に現れる

李斎は罪人として追われ
這う這うの体だった

泰王驍宗が阿選による反逆を受け姿を消し
そして泰麒も姿を消してしまい
戴国は散々な状況であるという

[スポンサーリンク]

反逆が真実なのか否か
驍宗はどこに姿を消したのか
ミステリー要素が多い巻でした

下巻でどう話が進むか
早く続きを読みたい作品です


その他の十二国記に関する記事はこちら↓↓宜しければ覗いてください^^


小野不由美さんの作品「残穢」の読書記録はコチラ↓↓宜しければこちらも覗いてください^^

十二国記シリーズの作品↓↓

[スポンサーリンク]

気に入った記事があればコメント、シェアお願い致しますm(_ _"m)ペコリ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL