十二国記 黄昏の岸 暁の天(下)

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ
ポチッとお願いします
気に入った記事があればコメント、シェアお願い致しますm(_ _"m)ペコリ
陽子に対し組する者反する者それぞれの思いが描かれています



訳者:小野不由美

出版:株式会社講談社

【総合】★★★☆☆
【ストーリー】★★★☆☆
【感動】★★★☆☆
【エクサイティング】★★★☆☆
【リアリティ】★☆☆☆☆
【啓発要素】★★★☆☆

[スポンサーリンク]

景王である陽子は李斎の必死に戴国を救おうとする姿に
慶国はまだ余力がある訳でもないが
なんとか助けることは出来ないかと考える

しかしこの世界では他国に兵を送ると覿面の罪として
王が死に国が荒れるということを知り
泰王である驍宗を大掛かりに探せないということを知る

[スポンサーリンク]

陽子が考えた作戦は蓬莱(日本)生まれであり
こちらの世界では考えられない方法で
制限制約の中でベストの考えを行う姿に感動しました

陽子の考えに反対する者
理解し助ける者など様々な人の描写も描かれており
価値観とは個人に基づくものだと考えさせられる作品でもありました


その他の十二国記に関する記事はこちら↓↓宜しければ覗いてください^^


小野不由美さんの作品「残穢」の読書記録はコチラ↓↓宜しければこちらも覗いてください^^

十二国記シリーズの作品↓↓

[スポンサーリンク]

気に入った記事があればコメント、シェアお願い致しますm(_ _"m)ペコリ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL