十二国記 華胥の幽夢

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ
ポチッとお願いします
気に入った記事があればコメント、シェアお願い致しますm(_ _"m)ペコリ


訳者:小野不由美

出版:株式会社講談社

【総合】★★★☆☆
【ストーリー】★★★★☆
【感動】★★★☆☆
【エクサイティング】★★☆☆☆
【リアリティ】★☆☆☆☆
【啓発要素】★★★☆☆

[スポンサーリンク]

「冬栄」「乗月」「書簡」「華胥」「帰山」からなる
サブストーリー集の様な作品

他の作品で描かれなかった
出来事や悩み事、その後等
様々なストーリーとなっています

[スポンサーリンク]

十二国記シリーズの最後に
余韻を味わいながら読める作品でした

特に「帰山」は現存する中で最長の王権である
宋国王の次男である利広視点となっており
十二国記でこれまで起きた国の興隆や滅亡から世界観をしっかり味合わせ
そして今後も続くだろう世界に興味を惹かれる
十二国記シリーズをしみじみと感じられました


その他の十二国記に関する記事はこちら↓↓宜しければ覗いてください^^


小野不由美さんの作品「残穢」の読書記録はコチラ↓↓宜しければこちらも覗いてください^^

十二国記シリーズ作品↓↓

[スポンサーリンク]

気に入った記事があればコメント、シェアお願い致しますm(_ _"m)ペコリ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL