バトル・ロワイアル

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ
ポチッとお願いします
気に入った記事があればコメント、シェアお願い致しますm(_ _"m)ペコリ
将

大東亜共和国では戦闘実験として行うプログラム
それは中学三年のクラスメイトが誰か1人が生き残るまで戦わせるというものだった
※R-15作品



監督:深作欣二

主演:藤原竜也, 前田亜季, 山本太郎

製作国:日本

公開日:2000/12/16

【総合】★★☆☆☆
【ストーリー】★★★☆☆
【感動】★★☆☆☆
【エクサイティング】★★☆☆☆
【リアリティ】★☆☆☆☆
【啓発要素】★★★☆☆

[スポンサーリンク]

とある中学3年生のクラスが修学旅行のバスの中で眠り込んでしまう
目が覚めた場所はとある島の体育館で周りは軍人が囲んでいる

大東亜共和国が戦闘実験として行っている
誰かが一人生き残るまでクラスメイトを殺し合わせる
プログラムが今、開始される

[スポンサーリンク]

1999年の高見広春さんの小説バトル・ロワイアルを原作とした映画です

当時中学生同士がクラスメイトで殺し合うという内容に
キレる17歳が話題になった時代で
当時国会で議員が本作品について語るなど
当時中学生でしたが今でも覚えている程話題になった作品でした

今となっては漫画やアニメでも同じような内容がありますが
少年犯罪が話題になった時期でもあり
本当に批判がイロイロありました

当時子供ながらもテレビでの解説を見て
実際には少年犯罪が増加傾向にあるのか?(統計上は増加傾向でなかった気がします)
この作品がダメで戦争映画がいい理由は何だろうとか
子供ながらに考えた覚えがあります

映画としての感想ですが放映時間の制限からか
殺戮シーンが続いてしまう傾向があり
テーマが見えにくい気がします
当時と同じ感想だな(笑)

原作となった小説は
生徒の生い立ちや生活環境が描かれており
自身の考えに基づいて闘うや闘わない等の決断を
個人であったり友人とだったり
様々な選択をして行動する姿が描かれており
人生について考えられる作品でした

映画ではこの辺りまで描ききることは不可能だから
仕方ないですけどね^^
本作品を観た人は小説版を一読することをおススメします


自分の娘を殺された担任を描いた作品「告白」の鑑賞記録はコチラ↓↓
自分の生徒に子供を殺された復讐劇


↓↓監督/出演者の別作品はコチラ

将

[スポンサーリンク]

気に入った記事があればコメント、シェアお願い致しますm(_ _"m)ペコリ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL