GODZILLA 2014

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ
ポチッとお願いします
気に入った記事があればコメント、シェアお願い致しますm(_ _"m)ペコリ
将

物理学者のジョー・ブロディは妻が亡くなった原子力発電所直下の地震の真因を追い続けていた
ついに辿り着いた真実は日本政府が隠し続けていた巨大生物の存在があった



監督:ギャレス・エドワーズ

主演:アーロン・テイラー=ジョンソン, 渡辺謙, エリザベス・オルセン

製作国:アメリカ合衆国

公開日:2014/07/25

【総合】★★★★☆
【ストーリー】★★★☆☆
【感動】★★☆☆☆
【エクサイティング】★★☆☆☆
【リアリティ】★☆☆☆☆
【啓発要素】★★★☆☆

[スポンサーリンク]

日本の原子力発電所で勤務していた物理学者のジョー・ブロディは
原子炉直下で発生する謎の地震に気付く
妻であるサンドラが原子炉の安全確認に向かったその時
巨大な地震が発生し原子炉は崩壊する

妻が亡くなった後真相を追及していたジョー・ブロディは
ある仮説を立て研究に没頭していた
ある日禁止区域に立ち入り逮捕され
迎えに来た事故当時小学生でアメリカ海軍爆弾処理班に所属する息子
フォード共に再び禁止区域に侵入し事故の本当の原因であった
巨大生物ムートーの繭の研究施設に辿り着く

巨大生物の研究者芹沢猪四郎博士はジョー・ブロディの研究から
ムートーがコミュニケーションを取ろうとしていることを知り
それが繁殖を目的するという驚愕の事実に気付く

サンフランシスコに二体のムートーとゴジラが激突する

[スポンサーリンク]

戦略核兵器という人類の武器で巨大生物を撃滅しようとする軍
ゴジラを調和をもたらすものとしムートーを倒すのを待つべきとする沢猪博士
怪獣に対する二つのアクションが明確に比較され描かれています

最後にTVニュースのシーンに描かれている「怪獣王は救世主か?」に
人類がコントロール出来ないものに対する
疑問の投げかけがされていると感じました

人類にどうしようも出来ないことだけでなく
人類が出来る範囲で家族を守る為闘うシーン等
いろいろな要素が描かれておりとてもいい作品でした


ハリウッド版ゴジラ作品「GODZILLA 1998」の鑑賞記録はコチラ↓↓
あのゴジラをインディペンデンス・デイのスタッフが映画化


将

↓↓GODZILLA2014のフィギュア、監督/出演者の別作品はコチラ

[スポンサーリンク]

気に入った記事があればコメント、シェアお願い致しますm(_ _"m)ペコリ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL