シン・ゴジラ

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ
ポチッとお願いします
気に入った記事があればコメント、シェアお願い致しますm(_ _"m)ペコリ
将

東京湾に突如正体不明生物が現れる!
庵野監督の神々しい描写や政府の動きなどの社会風刺も効いていて単なる怪獣映画とは一線を画しています!



監督:庵野秀明, 樋口真嗣

主演:長谷川博己, 竹野内豊, 石原さとみ

製作国:日本

公開日:2016/10/11

【総合】★★★★★
【ストーリー】★★★★☆
【感動】★★☆☆☆
【エクサイティング】★★☆☆☆
【リアリティ】★★★☆☆
【啓発要素】★★★★☆

[スポンサーリンク]

東京湾アクアラインでトンネル崩落事故が発生する
テレビ報道によって巨大生物の尻尾が映され
政府はかつてない対応を行う必要性に迫られる

政府は駆除する対応方針を立て
自衛隊は出動させるが
圧倒的なゴジラの力にキズの一つも付けることが出来ない

内閣官房副長官である矢口蘭堂は
アメリカ合衆国大統領の特使カヨコ・アン・パタースンと取引をし
行方不明であるゴジラの研究者牧悟郎の情報を得る
そして彼の研究結果を解読し
血液凝固をさせゴジラを停止する作成を立案する

[スポンサーリンク]

本作品は人生で今まで見た映画の中でも
本当に楽しめ、そして考えさせられる作品でした

ゴジラの活動シーンはリアリティとは異なる
庵野監督の独特な神々しい表現で描かれており
非常に綺麗な映像となっています

また、単なる怪獣映画ではなく
ゴジラ対策に追われる政府の動きでは
社会風刺的な表現もあり
政治とはというシーンも描かれいます

そして最大のテーマはゴジラという
人類が生み出してしまった怪獣を
どう扱うべきか考えることを訴えかける作品でした

東日本大震災以降の日本が抱え
戦い続けなければ行けない課題を
非常に鮮明に映画作品としている名作だと思います

映画の最後に描かれている通り
一時収束はしたものの
長い未来に掛けて考える必要のあることを思い出させてくれます


ハリウッド版ゴジラ作品「GODZILLA 2014」の鑑賞記録はコチラ↓↓
「怪獣王は救世主か?」
渡辺謙さんの熱演にも注目です


↓↓シン・ゴジラのグッズなどはコチラ

将

[スポンサーリンク]

気に入った記事があればコメント、シェアお願い致しますm(_ _"m)ペコリ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL