セントラル・インテリジェンス

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ
ポチッとお願いします
気に入った記事があればコメント、シェアお願い致しますm(_ _"m)ペコリ
将

高校時代スターだったジョイナーといじめられっ子だったロビー
それぞれ人生を歩んだ20年後に偶然再会する
楽しく笑えるコメディと感動を味わえる映画



監督:ローソン・マーシャル・サーバー

主演:ドウェイン・ジョンソン, ケヴィン・ハート, エイミー・ライアン

製作国:アメリカ合衆国

公開日:2017/11/03

【総合】★★★★☆
【ストーリー】★★★★☆
【感動】★★★☆☆
【エクサイティング】★★★☆☆
【リアリティ】★☆☆☆☆
【啓発要素】★★★☆☆

[スポンサーリンク]

カルヴィン・ジョイナーは高校時代に全校生徒代表を務めるような
文武両道のヒーロー的な存在だった

20年後カルヴィンは高校時代からの彼女マギーと結婚し
会計士として働いていたが
思うような地位には辿り着けず不満な日々を過ごしており
マギーとの関係もうまくいかなくなってきていた

そんな中高校の同窓会の前日Facebookで
高校の同級生であるウィアディクトから申請が届く
彼は高校時代いつも虐められていた
カルヴィンは生徒代表でスピーチをしていた際
全裸で全校生との前に引っ張り出された彼にジャケットを渡し助けたことがあった

ウィアディクトと会ったカルヴィンは衝撃を受ける
ロビー・ウィアディクトと名前を替えた彼は高校時代の肥満でクセ毛の姿ではなく
筋肉体質のスキンヘッドになっており
飲み屋で絡んできたチンピラを一瞬で退治する度胸と力を備えていた

CIAのエージェントとして働くロビーに頼まれ
カルヴィンはある取引の金の動きを調べることになる
そこから彼が不満を感じていた日常とは全然違う時間が始まる

[スポンサーリンク]


CIAエージェントという非日常的な世界ですが
過去に思い描いていた未来と現在のギャップに対する苦悩
人は変われるという普遍的なテーマを描いている作品で
考えさせら、感動出来るにも関わらずコミカルな表現も多く
気楽に見れました

高校時代に一度助けてくれたカルヴィンに対し
唯一の友人と思い信頼している姿
コミカルな行動でカルヴィンを動かそうとする姿
実は虐められていた過去とは吹っ切れていない姿等
ドウェイン・ジョンソンがシリアル、コミカルにイロイロな面を演じきっていました

想像以上に楽しく見られ内容も興味深い作品で
個人的にはおススメの一作です


昔からの親友二人がおんぼろだが夢だった別荘を手に入れる作品「タッカーとデイル-史上最悪にツイてないヤツら/」の鑑賞記録はコチラ↓↓
コメディとホラーと恋愛といろいろ要素が詰まった不可思議な映画


↓↓監督/出演者の別作品はコチラ

将

[スポンサーリンク]

気に入った記事があればコメント、シェアお願い致しますm(_ _"m)ペコリ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL