闘うプログラマー ビル・ゲイツの野望を担った男達(上)

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ
ポチッとお願いします
気に入った記事があればコメント、シェアお願い致しますm(_ _"m)ペコリ
将

WindowsNTを圧倒的な仕事力と統率で完成し
MicrosoftのOSの地位を気付いたカトラーの実話の物語



著者:G・パスカル・ザカリー

訳者:山岡洋一

出版:日経BP出版センター

【総合】★★★☆☆
【ストーリー】★★★☆☆
【感動】★★☆☆☆
【エキサイティング】★☆☆☆☆
【リアリティ】★★★★☆
【啓発要素】★★★☆☆

[スポンサーリンク]

デヴィッド・カトラーはDECでPDP-11コンピュータのリアルタイムOSを作成した技術者だった
IBMに勝ち続ける為に設計された画期的なマシン
VAXシリーズでVMSを作りその技術は業界で知れ渡っていた

しかし大きくなってきた会社の官僚主義と寄り合えず
方針を違えたカトラーはついにチームを解散させられる

一方1980年代後半にその名を世界に知られていたビル・ゲイツは
マイクロソフトをIBMやアップル等に差を付けられるOS
WindowsNTの開発を計画していた

この計画には優秀な人材が必要と考えたビル・ゲイツは
DECを辞めたカトラーとそのチームメンバを雇うことを決める

[スポンサーリンク]

仕事に常にパーフェクトを求め
メンバーに暴言をも吐き、暴れることもあるカトラーと
カトラーについていくDECからのメンバー
そして新規に参加するマイクロソフトのメンバー

携わった人たちの生い立ちなどの記載もあり
多くの人がこのプロジェクトに参加することで一大OSが開発され
またプロジェクトによってメンバーの生活に影響がある姿も描かれており
人が集まって一大プロジェクトを進めることについて考えさせられます

会社の方針で二転三転と仕様が変えられ
方向性すら見えない部分もあるプロジェクトが
この後どうやってWindowsNTのリリースに辿り着けたのか
下巻も楽しみです


闘うプログラマーの下巻も読了しました↓↓宜しければ覗いてください^^

↓↓ITで世界を変えてきた巨人達に関する書籍

将

[スポンサーリンク]

気に入った記事があればコメント、シェアお願い致しますm(_ _"m)ペコリ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL