闘うプログラマー ビル・ゲイツの野望を担った男達(下)

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ
ポチッとお願いします
気に入った記事があればコメント、シェアお願い致しますm(_ _"m)ペコリ
将

WindowsNTはバグとの闘いに突入
カトラーはWindowsをチームをどうマネジメントしていくのか



著者:G・パスカル・ザカリー

訳者:山岡洋一

出版:日経BP出版センター

【総合】★★★★☆
【ストーリー】★★★☆☆
【感動】★★☆☆☆
【エキサイティング】★☆☆☆☆
【リアリティ】★★★★☆
【啓発要素】★★★★☆

[スポンサーリンク]

カトラーはWindowsNTの完成の為
自身の信条である仕事に全てを掛けることを
メンバに望んでいた
仕事に集中しパーフェクトなアウトプットを出すことを

リリースが近付くほどバグとの闘いは
緊迫度を増しながら終わりのない様相を呈していた

しかしカトラーの徹底した仕事への態度が
メンバーを規律しついにリリースに辿りつく

[スポンサーリンク]

一大プロジェクトで多くの人間をまとめる為に
カトラーは完璧を求めることを徹底し
自らもそれを突き詰めることで完成に漕ぎつけた

一方メンバの中にはこのプロジェクトで
マイクロソフトの巨大化によって膨大な資産を得る反面
離婚など人生に悪い影響が受けた者の出てくる

現代の日本では疑問が持たれる方法となってしまいましたが
大きなプロジェクトを進める難しさが分かり
それに立ち向かったリーダーとメンバの姿に考えさせられました


闘うプログラマーの上巻の読書記録はコチラ↓↓宜しければ覗いてください^^

↓↓ITで世界を変えてきた巨人達に関する書籍

将
[スポンサーリンク]
気に入った記事があればコメント、シェアお願い致しますm(_ _"m)ペコリ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL