サイコパスの言葉

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ
ポチッとお願いします
気に入った記事があればコメント、シェアお願い致しますm(_ _"m)ペコリ
著者が取材したシリアルキラーについて紹介している本です
クリストファーはその思考に迫る必要性すらない理解不能と断定しているように感じます



著者:クリストファー・ベリー=ディー

訳者:ドーラン優子

発行:株式会社エクスナレッジ

【総合】★☆☆☆☆
【ストーリー】★☆☆☆☆
【感動】★☆☆☆☆
【エキサイティング】★★☆☆☆
【リアリティ】★★★☆☆
【啓発要素】☆☆☆☆☆

[スポンサーリンク]

イギリスの犯罪学研究所を設立等をしたクリストファーが
これまでに出会い取材したシリアルキラーについて記載した書籍です

オスカー・レオナルド・カール・ピストリウス、ハロルド・フレデリック・シップマン等
9人のシリアルキラーを中心にその人物について描かれています


新幹線に乗る前に売店でたまたま目について手にした書籍です

[スポンサーリンク]

本書の著者であるクリストファー・ベリー=ディーは
この世には本当に理解出来ない思考をし
犯罪を平然と行う人がいるということを示しています

サイコパスの精神思考を解読してみようとか
彼らはこういう背景で産まれたといったことを解説する内容ではなく
その被害から考えて彼らを精神疾患として支援する必要があるのだろうか
という趣旨に読み取れました

賛否両論出る書籍だと思います

[スポンサーリンク]

気に入った記事があればコメント、シェアお願い致しますm(_ _"m)ペコリ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL