2バイ4材+1バイ4材 加工出来る壁を作る~其の壱:柱を建てる~

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ
ポチッとお願いします

さぁDIYを開始していきたいと思います



2バイ4材と1バイ4材を買って来ました
写真の材料は最終的に使った材料からするとほんの一部ですが(笑)





今回の主役とも言える商品のWalist(ウォリスト)です
この商品で2バイ4材をツッパって立てることで
作成する壁の柱していきたい思います

DIYブームの影響で2バイ4材のつっぱり用のアイテムは
有名なDIAWALL(ディアウォール)を始めたくさん出ていますが
今回はWalistを使います

選んだ理由は以下の3つ
①デザイン:メタリックなデザイン(今回は最終的には見えなくなる予定ですが)
②機能:ドライバでバネを締めてしっかり固定
③サイズ:他の固定商品より製品が薄い(固定部にも壁として木材を留められる)

[スポンサーリンク]





木材の壁を作りたい壁は上部に出っ張りがあります
一面を木材の壁としたかったことと
このスペースに配線やコンセントタップを設置したいので
あえて下の部分はスペースを置いておこうと思います







まずはWalistを2バイ4材に固定していきます
商品のネジ穴に合わせて下穴を空けて
ドライバで付属のネジを留めるだけです

下穴の位置ずれが怖かったので
マスキングテープで商品を固定した状態で
ドリルで開けました

[スポンサーリンク]









次に2バイ4材の床側になる面に付属の緩衝材(滑り留め)を貼り
前後左右の4方向が垂直になるように
水平器で測りながらドライバでネジを締めるだけで柱を建てられます

壁紙が破れたりしないか不安だったのですが
部屋で使われていた壁紙は大丈夫でした

[スポンサーリンク]







あとは必要な柱の数だけ作業を繰り返します
今回は72cm間隔で5本の柱を建てました

さ、次は壁を1バイ4材で作って行きます!


加工が出来る木の壁が完成したので壁掛けテレビに挑戦しました↓↓宜しければ御覧ください^^

DIYブームで有名なディアウォールや今回使用したウォリスト等
2バイ4関連のアイテムがいっぱい販売されていますね↓↓

[スポンサーリンク]

気に入った記事があればコメント、シェアお願い致します↓↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL