2バイ4材+1バイ4材 加工出来る壁を作る~其の肆:6段目 部品組み立て~

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ
ポチッとお願いします
気に入った記事があればコメント、シェアお願い致しますm(_ _"m)ペコリ
6段目は棚と配線の配置場所を考慮して部品を作って行きます

6段目は大体机の高さぐらいになるので棚となる部分を作りたいと思います
また壁の裏面にコンセントタップを固定出来る場所も作成していきます



1バイ1材、2バイ2材、1バイ6材、1バイ8材を使って行きます
他の材料と同じくワトコオイルで着色しました

[スポンサーリンク]





まず一定間隔で穴を空けた板を
5段目の背面にビス留めしていきます
この部分は外からは見えなくなる予定なので
着色等はせず寸法も適当です(笑)





次に棚部分を作って行きます
1バイ8の板に1バイ1材を固定して棚の縁部分として固定しました

縁の部分はビスを隠したかったので
ダボ穴を空けてからビス留めをします
ダボ埋めは固定後にします


加工が出来る木の壁が完成したので壁掛けテレビに挑戦しました↓↓宜しければ御覧ください^^

[スポンサーリンク]



棚部分を固定するのはL字金具を使って固定してみたいと思います
重い物を置く予定はないので多分大丈夫でしょう。多分。。。



さらに1バイ8材の裏に2バイ2材を留めます



2バイ2材を使用したのはこれに1バイ8材の蝶金で固定し
コード類をここから出せるようにする為です

さぁ思い描いた通りに出来てくれるかな?(笑)

[スポンサーリンク]

気に入った記事があればコメント、シェアお願い致しますm(_ _"m)ペコリ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL