鹿の王 水底の橋

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ
ポチッとお願いします
気に入った記事があればコメント、シェアお願い致しますm(_ _"m)ペコリ


著者:上橋菜穂子

出版:角川書店



【総合】★★★☆☆
【ストーリー】★★★☆☆
【感動】★★☆☆☆
【エキサイティング】★★☆☆☆
【リアリティ】★☆☆☆☆
【啓発要素】★★☆☆☆

[スポンサーリンク]

清心教の祭司医である真那の呼び掛けにより
オタワル王国で天才的な医術師と言われるホッサルは
助手で恋人のミラルは阿房那に向かうこととなる
清心教の発祥の地である阿房那でホッサル達は
皇帝の跡目争いという政治的争いに巻き込まれ
教義の驚くべき事実を知ることとなる

[スポンサーリンク]

上橋菜穂子さんの名作の一つ鹿の王の続編として書かれた作品です
鹿の王は未読ですが楽しめる小説でした

小説内では民族の違いそして宗教の違いによるお互いの理解の難しさが描かれています 宗教の違いによる「死」の考えの差から医術への考えの違いに対し医術師ホッサルが苦悩する姿に 価値観の差異を認めつつお互いを尊重するというテーマを訴えている作品でした 医術を題材としたファンタジーという非日常的な世界に魅了される小説でした 是非鹿の王の本編も読んでみたいと思います

上橋菜穂子さんの作品、鹿の王シリーズ他↓↓

[スポンサーリンク]

気に入った記事があればコメント、シェアお願い致しますm(_ _"m)ペコリ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL