鹿の王 生き残った者(上)

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ
ポチッとお願いします
気に入った記事があればコメント、シェアお願い致しますm(_ _"m)ペコリ
将

政治、宗教と医療という題材を扱ったファンタジー小説です
ファンタジー世界としてお子さんから、テーマについて深く考えながら大人まで楽しめる作品です。



著者:上橋菜穂子

出版:角川書店



【総合】★★★☆☆
【ストーリー】★★★★☆
【感動】★☆☆☆☆
【エキサイティング】★★☆☆☆
【リアリティ】★☆☆☆☆
【啓発要素】★★☆☆☆

[スポンサーリンク]

東乎瑠帝国が強大な政治力、武力を背景に版図を広げている世界
自国を潰すより統治下に置く方が最良と東乎瑠帝国に思わせる為最後まで戦った独角の領主ヴァン
戦争後彼は奴隷となりアカファ岩塩鉱で囚われていた
家族も戦友も亡くし毎日奴隷が死んでいく過酷労働を失意の中で過ごしていた

ある日アカファ岩塩鉱に黒い狼のような獣が襲ってくる
奴隷や奴隷監督が次々と噛まれ、ヴァンも戦いながら牙で傷を受けてしまう
数日後急な体調不良で意識を失ったヴァンが目を覚ました時見たものは
自分以外の人々が全て息絶えている光景であった
唯一生き残っていたのは飯炊き奴隷の女が命を懸けて獣から庇っていた赤子だけであった
ヴァンはユナと名付けた赤子を抱えアカファ岩塩鉱を脱出する

[スポンサーリンク]

先日読んだ鹿の王 水底の橋の前編の作品です
東乎瑠帝国を中心として架空の世界のファンタジー小説です
アカファ岩塩鉱で起きた獣に噛まれた人々が次々高熱等の後に亡くなるという症状
名医術師であるホッサルがその原因の調査に乗り出す

上巻ではアカファ岩塩鉱から生き延びたヴァンとユナが得た生活
ホッサルが病の調査を進める中で次第に分かる病の真相
伝染病という医学的側面、医術師と清心教との宗教的対立、そして政治的な駆け引き
色々な要素さ複雑に交わり物語が動きだします
下巻が楽しみ!


鹿の王 水底の橋を読んだ際の読書記録はコチラ↓↓宜しければ御覧ください


↓↓鹿の王シリーズの書籍や上橋菜穂子さんの別作品はコチラ

将

[スポンサーリンク]

気に入った記事があればコメント、シェアお願い致しますm(_ _"m)ペコリ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL