Revive Old Posts – Auto Post to Social Media

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ
ポチッとお願いします
気に入った記事があればコメント、シェアお願い致しますm(_ _"m)ペコリ
将

Revive Old Postsを使って過去の記事をツイートしてみたいと思います

WordPressを触ってみたいと思い5月にサイトを作ってみました!
これまでもHTMLやPHPを触ってみようと思って作っていたページがあったので
そのサイトの記事をWordPressに移動しています


WordPressへ記事のお引越ししています↓↓


学生時代のトラブル続きのツーリング記録やバイク触っていた記録
当時住んでたアパートが映っていたりして懐かしい(笑)

読書や映画の記録なんかもあってなんか皆さんに
ちらっと見てもらえると嬉しい記事もあるんでよね><



ということで過去の記事を自動でツイートしてくれるプラグインを探したところ
「Revive Old Posts – Auto Post to Social Media」がありました
これを使ってみたいと思います!(続けるかは不明ですが触ってみたい 笑)

[スポンサーリンク]

インストールと有効化が完了すると左サイドバーメニューに
「Revive Old Posts」が追加されます
サブメニューに
 ・Dashboard
 ・Exclude Posts
があります。

「Dashboard」を開くと下記のタブがあります
・Accounts
・General Settings
・Post Format
・Custom Schedule
・Sharing Queue
・Logs



※いつもの通り記載内容に保証ありません(汗)
◇Accounts
無料版ではFacebookとTwitterが投稿するSNSとして設定が出来る様です
当サイトはTwitterアカウントしかないのでTwitterしか試していませんが
API等は不要でアカウント/パスワードを入力してログインするだけでOKでした

[スポンサーリンク]



◇General Settings
・Minimum interval between shares
 投稿の間隔を時間単位で入力
・Minimum post age
 投稿する記事の最小経過日数を入力
・Maximum post age
 投稿する記事の最大経過日数を入力
・Number of posts
 1回に投稿する記事数を入力
・Share more than once?
 1回投稿した記事は再投稿する場合チェック
・Post types
 無料版では使用不可
・Taxonomies
 カテゴリ/タグ単位で投稿する/しない記事を指定
・Enable Google Analytics Tracking
 Googleアナリティクスで確認する場合はチェック
・Enable Instant Sharing option
 投稿/更新時にすぐ投稿対象にする場合チェック
・Enable instant sharing by default.  新規投稿した記事をデフォルトで投稿対象にする場合チェック
・Enable Share Content Variations
 無料版では使用不可
・Housekeeping
 過去記事を削除した場合に設定も削除する場合チェック

[スポンサーリンク]



◇Post Format
・Post Content
 Post Title:タイトルを投稿
 Post Contents:本文を投稿
 Post Title & Contents:タイトルと本文を投稿
 Custom field:カスタムフィールドを投稿
・Maximum chars
 投稿するメッセージの最大文字列長
・Additional text
 追加するメッセージを入力
 追加位置としてBeginningかEndを選択
・Include link
 記事へのリンクを投稿する場合はチェック
・Custom field
 カスタムフィールドを使用する場合チェック
・Use url shortener
 短縮URLを使用する場合はチェック
・URL Shortener Service
 使用する短縮URLサービスを選択
・Hashtags
 Dont add any hashtags:ハッシュタグを使用しない
 Common hashtags for all shares:全ての投稿で共通のハッシュタグを使用
 Create hashtags from categories:カテゴリをハッシュタグとして使用
 Create hashtags from tags:タグをハッシュタグとして使用
 Create hashtags from custom field:カスタムフィールドをハッシュタグとして使用
・Maximum Hashtags length
 ハッシュタグの最大文字列長
・Post with image
 無料版では使用不可
・Campaign Medium
 無料版では使用不可
・Campaign Name
 無料版では使用不可

◇Custom Schedule
 無料版では使用不可
◇Sharing Queue
 投稿予定を表示/リセット ◇Logs
 投稿履歴を表示

[スポンサーリンク]





あとは右上に表示されている「StartSharing」を押下すれば完了です!



「Exclude Posts」を開くと記事一覧が表示されるので
記事単位で投稿対象/非対象とするかを設定出来ます

これで過去記事紹介ツイートが出来る様になりました^^

↓↓Wordpressを使えば私の様な素人でもそれっぽい(笑)ページを作成出来ます

将

[スポンサーリンク]

気に入った記事があればコメント、シェアお願い致しますm(_ _"m)ペコリ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL