呪護

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ
ポチッとお願いします
気に入った記事があればコメント、シェアお願い致しますm(_ _"m)ペコリ
将

少年により教師が刺されるという傷害事件
その背景には立川流という予想外の宗教の存在が


今日の読書記録「呪護」




著者:今野 敏

出版:角川書店

[スポンサーリンク]


個人的評価


【総合】★★★☆☆
【ストーリー】★★★☆☆
【感動】★★☆☆☆
【エキサイティング】★★☆☆☆
【リアリティ】★★☆☆☆
【啓発要素】★★☆☆☆

[スポンサーリンク]


ストーリー


少年課勤務の富野と有沢はある少年による傷害事件を担当することになった
西条という17歳の少年が教師である中大路を刃物で刺したのだった

捜査を開始し科学実験準備室で
中大路と西条の同級生である少女池垣との性行為を目撃し
池垣に想いを寄せていた西条が衝動的に刺した事件に思われた

しかし捜査を進める中で池垣と中大路、そして西条
それぞれが目的を持って行動していることが分かってくる

事件の真相と結末は・・・

[スポンサーリンク]


感想


今野敏さんの作品を読むのは初めてなのですが
本作品は鬼龍光一シリーズの1つという位置づけのようです

少年による殺傷事件と生徒と教師の性行為という
インパクトある内容でストーリーが開始されますが
密教である立川流を背景にさらに予想出来ない展開に進んで行きます

宗教を舞台にした刑事物語という変わった世界観で
独特な世界感に惹き込まれる作品でした

今野敏さんの別作品がコチラ↓↓人気シリーズが沢山ありますね

将

[スポンサーリンク]

気に入った記事があればコメント、シェアお願い致しますm(_ _"m)ペコリ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL