俺は、君のためにこそ死ににいく

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ
ポチッとお願いします
気に入った記事があればコメント、シェアお願い致しますm(_ _"m)ペコリ
将

鳥濱トメさんの見た知覧にいた神風特別攻撃隊の隊員たちを描いた作品


今日の映画記録「俺は、君のためにこそ死ににいく」




監督:新城卓

主演:徳重聡, 窪塚洋介, 筒井道隆

製作国:日本

公開日:2007/05/12

[スポンサーリンク]


個人的評価


【総合】★★★★☆
【ストーリー】★★★☆☆
【感動】★☆☆☆☆
【エキサイティング】★☆☆☆☆
【リアリティ】★★★★☆
【啓発要素】★★★★☆

[スポンサーリンク]


ストーリー


鳥濱トメさんは知覧の商店街で食堂を開いていた

太平洋戦争の末期

食堂には神風特別攻撃隊として、知覧飛行場から飛び立つ若者たちが通っていた

[スポンサーリンク]


感想


鳥濱トメさんの実体験を映画化した作品です

家族、愛する人を残して飛び立つ決意をした隊員
前回の特攻で生き残り、先に亡くなった隊員の後を追って特攻する隊員
日本海軍の隊員として飛び立つ朝鮮人の隊員
全て実在した人物を描いている作品です

俳優さんには少し失礼な表現となってしまうかもしれませんが、この映画で一番心に残ったのはエンドロールです
本作品のエンドロールには隊員が知覧で過ごしていた写真が映されています
若者が戦争の中で自らの命を捨てて突撃したのが現実の事実であることを強烈に訴えてきます

私は中学時代に知覧特攻平和会館に行ったことがその際にも写真や遺品を拝見したのですが、当時はどこか遠い昔の話という感じがしていたのだなと思います
歳をとって彼らが過ごせなかった年を過ごしてからこの作品を観ると、20歳前後で人生を終えなければいけなかったことの重さを当時とは比にならなく感じました

こういった作品は戦争美化等の指摘も少なくはないですが、情報を遮るのではなく左右の情報を聞き、自らの答えを見つければいいのではないのでしょうか

[スポンサーリンク]


予告動画


[スポンサーリンク]

日本の戦争を描いた作品↓↓

将

[スポンサーリンク]

気に入った記事があればコメント、シェアお願い致しますm(_ _"m)ペコリ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL