計策師 甲駿相三国同盟異聞

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ
ポチッとお願いします
気に入った記事があればコメント、シェアお願い致しますm(_ _"m)ペコリ
将

戦国時代にあった刀を使わない闘いを描いた作品


今日の読書記録「計策師 甲駿相三国同盟異聞」




著者:赤神 諒

出版:朝日新聞出版

[スポンサーリンク]


個人的評価


【総合】★★★☆☆
【ストーリー】★★★☆☆
【感動】★★★☆☆
【エキサイティング】★★☆☆☆
【リアリティ】★★☆☆☆
【啓発要素】★★☆☆☆

[スポンサーリンク]


ストーリー


計略師は金銭、忍者等を使い交渉や調略などを任務とする

武田晴信(後の信玄)に仕える計略師向山又七郎は新當流の剣の達人だが人を殺めることを嫌い口で戦う計略師をしていた
これまで計略師として数々の成功を収めていたが、その任務から恨みを買い妻と子を失い、虚無感の中で酒を楽しみに生きていいた

そんなおり晴信の命で安曇野の平瀬城へ降伏に応じる様説得する為に向かう
平瀬城で出会ったのは平瀬義兼の娘で生きていれば自分の娘ぐらいの歳の薫姫であった
彼らは友の契りを交わし安曇野の為、降伏を成功させ誰も亡くならない平和な世界を作ることを誓う

平瀬義兼を説得に成功した又七郎は晴信に報告するが、晴信は降伏を決め油断している平瀬城への攻撃を命じる
晴信の冷徹な決断を仕方ないとも思いながらも薫姫だけでも助けようと又七郎は平瀬城の攻撃に参加する
しかし彼が見つけられたものはもう動かない薫姫の姿であった

人生の儚さを感じた又七郎が、暇乞いの為に与えられた最後の任務は北条、今川、武田の甲駿相三国同盟の締結であった
三国同盟が成りたてば少なくとも目に見る三国国境で戦に苦しむ民たちは救われる
又七郎は様々な思惑が絡み合い困難が待ち受ける三国同盟に向けて動き出す

[スポンサーリンク]


感想


戦国時代に刀を持って戦う武士等ではなく計略師という交渉役を主人公として描いた作品です
尚、巻末に著者の注釈として記載もされていますが計略師は本作の造語だそうです

家族を失い日々の生きる目的を失っていた又七郎が、平瀬城での薫姫との出会いを機に人生を変えてみようと動き出す姿に応援したくなります
師である駒井 高白斎、今川家の名計略師である太原崇孚との戦いや、三国同盟への反対派に対する調略の姿は、刀での斬り合い同様に手に汗を握る舌戦が描かれていました

結末も非常に驚きある作品です
戦国時代にあった刀を使わない闘いを描いた作品で非常に面白い小説でした

[スポンサーリンク]

赤神諒さんの別作品がコチラ↓↓

将

[スポンサーリンク]

気に入った記事があればコメント、シェアお願い致しますm(_ _"m)ペコリ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL