マイ・ボディガード MAN ON FIRE

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ
ポチッとお願いします
気に入った記事があればコメント、シェアお願い致しますm(_ _"m)ペコリ
将

メキシコでは警察等の不正、汚職が蔓延っている
そして誘拐が頻発している国でもある


今日の映画記録「マイ・ボディガード MAN ON FIRE」




監督:トニー・スコット

主演:デンゼル・ワシントン, ハンナ・ダコタ・ファニング, ラダ・ミッチェル, クリストファー・ウォーケン

製作国:アメリカ合衆国, メキシコ

公開日:2004/12/18

[スポンサーリンク]


個人的評価


【総合】★★★★☆
【ストーリー】★★★☆☆
【感動】★★★☆☆
【エクサイティング】★★★☆☆
【リアリティ】★★☆☆☆
【啓発要素】★★★☆☆

[スポンサーリンク]


ストーリー


ジョン・W・クリーシーはかつて米軍の暗殺部隊として世界各地でテロと戦ってきた
しかしその経験の辛さから引退後はアルコールに依存した生活を送っていた
ある日友人であり戦友であったポール・レイバーンを訪ねメキシコに向かう
レイバーンはクリーシーにボディガードの仕事を紹介する

ボディガードの依頼主はサムエル・ラモスとリサ・ラモス夫妻であった
メキシコでは誘拐がビジネスとして日常茶飯事であり、富裕層は子供にボディガードを付けることが生活上必要で、ステータスでもあり誘拐保険に入る条件でもあった

クリーシーは夫妻の娘ピタ・ラモスのボディガードを住み込みで始める
ピタの賢明で明るい人柄に、最初距離をとっていたクリーシーも次第に心通わせるようになる

しかしピタのピアノ教室の帰りの時間、不審な影が彼らを取り囲む

[スポンサーリンク]


感想


メキシコの犯罪ビジネス、政治の汚職や不正を舞台としたアクション映画です

過去の重い辛い経験から心を閉ざしたクリーシーとピタが心を通じ合うシーンは本当に心が暖まります
ピタ演じるダコタ・ファニングの演技の凄さを感じます

クリーシーのこれまでに身に着けたスキル、そして誘拐犯に対する復讐心が、不正な社会に牙を剥くアクションは痛快です
命を懸けて、心を通じた相手を守る姿を描いた映画作品でした


デンゼル・ワシントン主演の闇深い警察のベテランと新人のタッグを描いた作品「トレーニング デイ」の鑑賞記録がコチラ↓↓


[スポンサーリンク]


予告動画



[スポンサーリンク]

監督/出演者の別作品がコチラ↓↓

将

[スポンサーリンク]

気に入った記事があればコメント、シェアお願い致しますm(_ _"m)ペコリ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL