ラスト・デイズ

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ
ポチッとお願いします
気に入った記事があればコメント、シェアお願い致しますm(_ _"m)ペコリ
将

外に出ると心臓発作が起きる症候群が蔓延し荒廃した世界
マルクはある思いを胸に行動に出る


今日の映画記録「ラスト・デイズ」




監督:デヴィッド・パストール, アレックス・パストール

主演:キム・グティエレス, ホセ・コロナド, レティシア・ドレラ

製作国:スペイン

公開日:2013/09/28

[スポンサーリンク]


個人的評価


【総合】★★☆☆☆
【ストーリー】★★★☆☆
【感動】★★☆☆☆
【エキサイティング】★☆☆☆☆
【リアリティ】★☆☆☆☆
【啓発要素】★★☆☆☆

[スポンサーリンク]


ストーリー


テレビで引きこもりの少年が未来を悲観し自殺したニュースが流れる
少年は鬼気迫る将来の悲観を訴える動画を残していた
しかし思春期にある精神の不安定が起こしたものと受け止め、少年が人生を悲観した本当の理由はまだ世界は気付いていなかった

マルクはバルセロナでプログラマーとして働いていた
会社の再建の為に派遣された人事コンサルタントのエンリケは、マルクにプログラムを1ヶ月で完成するように命令する
達成出来なかった場合は解雇すると

その時世界にはある症候群が確実に広がっていた
外に出ると心臓発作となる広場恐怖症と呼ばれる症状である
シドニーのオペラハウスでは観客全てが外に出られない事態となっていた

ある日マルクは妻ジュリアと喧嘩をして出社する
子供望む妻と、症候群の広がり、解雇をチラつかされる等育てていく自信がなったマルクと衝突したのだった
そしてその出社を最後にマルク、そして会社のメンバに症候群の症状が出る

マルクの取る行動とは

[スポンサーリンク]


感想


人事コンサルタントとして解雇を言い渡す側のエンリケと、それを言い渡されるプログラマーであるマルク
元々敵対関係にあった二人が極限状況の中で、契約に近い約束から、お互いを理解し協力関係になる姿
そしてマルクが自分の後悔を心底悔いて、決意し行動する姿に人間の「思い」を感じられる作品です

ただ、あと一歩が!というのが正直な感想です(汗)
始まりは少年の自殺事件だった等演出も良く、世界観等はしっかりしているのですが、映画作品の時間で描き切れていない気がするのが残念です
ウォーキングデッドのようなテレビドラマや小説として、時間を掛けて描いた方がいい作品だと思います

行動中に出会った人達と敵対、疑心、理解、信頼等の人間関係の描写や、ショッピングモールでシーンで描かれる極限状態での集団同士の抗争、さらにエンディグで描かれる人類に残された未来の内容等
繰り返しになりますが、もっと時間制約のない表現であれば非常にいい作品だと思います

珍しく一点だけネタバレします。広場恐怖症は結局原因は不明のままです。


ホセ・コロナドなどが出演するミステリー映画「ロスト・ボディ」の鑑賞記録がコチラ↓↓
宜しければ御覧下さい!


[スポンサーリンク]


予告動画



[スポンサーリンク]

出演者の別作品がコチラ↓↓

将

[スポンサーリンク]

気に入った記事があればコメント、シェアお願い致しますm(_ _"m)ペコリ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL