【WindowsServer2019】インストールメディア準備

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ
ポチッとお願いします
気に入った記事があればコメント、シェアお願い致しますm(_ _"m)ペコリ
将

さぁお金もないので、パソコンで遊んで行きたいと思います(笑)


WindowsServer2019は無料で使うことが出来る


先日直したセカンドPCを、WindowsServerとして使おうと思います


WindowsServerは無料試用版があります
180日が無料で使用出来ます



この無料期間
なんと6回も更新出来るのです

180[日] × 6[回]
約3年間も使えます

3年間あれば次のバージョンが出るころですね(笑)
実際、WindowsServer2016が出て、WindowsServer2019が出た訳ですし

[スポンサーリンク]


OSイメージをダウンロード


MS社のサイトからダウンロードして来ます
WindowsServer2019の無料試用版は、以下サイトで配布されています




今回は先述した通り、セカンドPCのデスクトップで使うのでISOデータをダウンロードしました

Azureが一番上に記載されていますね
時代はクラウドですね


連絡先を登録します

これ毎回入れないとダメなんでしょうか?
WindowsServer2016の時も入れたのですが

MSアカウントで登録してくれていいのに(笑)


言語選択をします

安定の日本語選択
英語出来ません(涙)

これでダウンロードが完了です

[スポンサーリンク]


ISO WorkshopでDVDに書き込み




ISO WorkshopでISOデータをDVDデータを書き込みました

ISO Workshopはシンプルな操作で、DVDに書き込みが出来るので重宝しています
そんなに、DVD等に書き込むことないですが(笑)



気を付けないといけないのが、ISOデータが5[GB]を超えてことですね
片面一層DVDには書き込みが出来ません

DVDに書き込める容量はこちらのサイトに、分かり易く書かれています↓↓

[スポンサーリンク]


DVDレーベル印刷




レーベル印刷しました

字が汚いので、文字で書きたくないのですよね・・・
こうやって、保管している雰囲気出るし!

まぁ、インストールメディアなんか
自宅PCの場合、一回インストールしたらほぼ出番ないのですが

って、ことで準備は出来たので
セカンドPCにインストールしてWindowsServer2019触ってみたいと思います

[スポンサーリンク]

Linux等、ちょっと慣れれば日常のPC利用程度は、無料のOSで十分ですよね

将

[スポンサーリンク]

気に入った記事があればコメント、シェアお願い致しますm(_ _"m)ペコリ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL